サイトマップ

母乳について

母乳は、妊娠し出産した女性の血液から作られます。 これから育つ子供のためのものなのでそれだけにとても高い栄養価を誇っています。 母乳は絶妙なホルモンバランスや、身体の指示によって分泌されます。

女性は出産をすることによって 身体が子どものために、母乳を作らなければという合図を出すのです。 この合図のタイミングは、妊娠することにより多くなったホルモンを、脳が感じ取って発令します。 妊娠の前に乳房が痛くなることがほとんどですが、これはそのホルモンによって、身体が母乳を作るための準備をしているのです。 このホルモンは女性ホルモンに含まれるエストロゲンと呼ばれる、胎盤から分泌されるものが関係します。 エストロゲンによって乳腺をまず発達させ、出産すると胎盤がなくなるのでエストロゲンは減少していきます。 このエストロゲンは母乳の分泌を抑える働きもあるため、これが減少する出産のタイミングで 、母乳を分泌することが出来るようになる仕組みです。

子どもへの授乳にはとても大きな労力が必要で、この他にも、母乳を作り出すホルモンや押し出すホルモンといったものもあり、母乳だけで様々なホルモンが関わっています。 ホルモンはストレスなどに敏感であるため、あまり負荷がかからないように注意する必要があります。 また、授乳させる際、女性はミルクを与えることに幸せを感じるので、こういったホルモンは総じて、幸せホルモン、と呼ばれることがあります。